2012年04月17日

すき家のねぎ玉牛丼

banner_sukiya_awase.jpg
すき家 うるま前原店
住所:うるま市字前原169-4-3 ヤマダ電機の隣り 営業:年中無休24時間
ヤマダ電機にはよく行くんだけど、牛丼自体それほど食べない私だし、すき家に入るのは初めて。ドライブスルーの横のメニューを見るとかなり豊富そう。目についたのが食べラー・メンマ牛丼。ご飯の代わりに麺になってるのか?とか頓珍漢なことを考えながら店内へfasard_sukiya_awase.jpgカウンターに座ってメニューを見るとちょっとした定食屋のようだ。カレーやハンバーグにまぐろユッケ丼まであるな。サイドメニューやセットもいろいろあって、何にしようかとしばらく迷う。まぁ、無難な?ところで、ねぎがたっぷりそうなねぎ玉牛丼の並にしてみた。

ここはサイズも豊富でミニ・並・中盛・大盛・特盛・メガの6種類もあり、ミニの330円からメガの710円まで。
ちなみにミニは580kcalでメガは1,236kcalだそうだ。サイズの説明によると中盛は肉は並の6割増でご飯は少なめとある。大盛はご飯も肉も大盛り。特盛は肉は2倍でご飯大盛り。メガになると肉は3倍でご飯は大盛りらしい。ごはんの量はそんなに多くはなっていかないみたいだ。沖縄の定食屋のように超巨大盛りのような見栄えにはならないのかな(笑い
negitama_m_sukiya_awase.jpg

egg_separater_all.jpgすぐにでてきたこれがねぎ玉牛丼の並。メニューの写真よりちょっとネギが寂しい気もするな。
生卵と見慣れない器具がついてきた。形状からしてこれは玉子の白身を切って黄身だけにするもののようだ。自宅でする時は殻を半分に割って黄身を片方に移動しながら白身を下の器に落としてやっていたけど、これは便利そうだ。やってみると確かに誰でも簡単に黄身だけにできるね。

簡単にできたのはいいけど、上手く真ん中に落とせなかったのは残念(苦笑
あらかじめ真ん中に凹みをつけておけばよかったかな。
negitama_m2_sukiya_awase.jpg
さて食べ始めるとピリ辛さは大したことないけど、かなり塩っぱい。ラーメンのように酢をかけたらどうかなとも思ったけどテーブルには見当たらないので、白身も混ぜてネギもかき混ぜて食べるとちょうどいい具合になった。牛肉の存在感は余り感じなかったけど、ネギのシャキシャキ感が印象的で美味い。中盛りくらいにすると肉の量がアップしてちょうどいいかも。

negitama_fin_sukiya_awase.jpg帰ってからちょっと調べてみたら、沖縄には18店舗あって、吉野家の10店舗を上回っているんだね。全国的に見ても4年くらい前に吉野家を上回って今も増加中らしい。牛丼というより郊外型のファミレスといったところがすき家の強みなのかもしれないね。

うるま市・金武・宜野座の情報マップおきぐるマップ




taberu.jpg食べる
食べることは生きること。楽しむこと。
そもそも食べなければ行きていけないよね。
そういう食べることについてのコレクション。

photobook.jpgともかくいい写真が撮りたい
上手い写真と味のある写真は違うと思うけど、やっぱり数を写すのが大事。
だけど理屈や理論を知っていれば上達も早いよね。

sokudoku_world.jpg速読術 スピード トレーニング
速読術 スピード トレーニング ソフト 速読 ワールド ■初級~上級編■5倍から30倍アップだそうだ。今実践中だけど、目の訓練にもよさそうだし続けることにしよう。これで目も回復して速読もできたら言うことないなぁ(^^




ラベル:食堂
posted by rio at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | うるま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
おきぐる1はこちらへ>>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。