2012年04月21日

茜(あかね)食堂の炙りソーキそば

banner_akane.jpg
本格炙り特製ソーキそばの店 茜食堂
住所:北中城村字屋宜原608 電話:098-930-1772 営業:10:30-20:00 定休:第2・4・5日曜
ソーキがびっくりする程大きく、そして美味い!


fasard_akane.jpg in_menu_akane.jpg
とあるブログで写真を見て、その大きさにびっくりした。麺は柔らかめとのことだったけど、それなら硬めにとお願いすればいいし、ともかく食ってみたい。場所は屋宜原の山を上っていく途中らしいけど、そんな店あったっけなぁと思いつつ出かけてみたらすんなりと見つかった。まぁ、それほど目立つ店構えじゃないし気づかなかったのも無理はないか?裏にクルマを停めて中に入ってみるといろんなメニューがディスプレイされている。ともかくまずは特製炙りソーキそば、麺は硬めで、だ。おばさんが厨房に向かって麺は硬めねと言っているのが聞こえた。まずは一安心?
aburisoki_akane.jpg
すぐにでてきたこれが、炙りソーキそば750円。なかなかの迫力。
aburisoki_men_akane.jpg
スープはすっきりしていて甘みもある。
麺は照喜名のもので硬めとお願いしたからちょうどいい感じ。照喜名の麺ってこんなに美味かったっけと思うくらい。
aburisoki_fin_akane.jpg炙りソーキは、しっかりとした味わいながらスープをじゃましない味付け。

柔らかくもしっかりとした歯触りがあってすごく美味い。
それにこのボリュームでこの値段なら文句ないね。
また近いうちに食べに来たいと思うし、他のメニューも試してみたいなぁ。

茜食堂の記事:炙りソーキと豆腐チャンプルーカツカレー

沖縄市・北中城村の全情報マップおきぐるマップ



sobabook.jpg沖縄そばについての美味しい話の本たち
沖縄そばは美味い。それにしてもたくさんの店もいろんな種類のそばもある。ラーメンやうどんに押され気味だけど新店もできたりしているし、沖縄そばの本も相変わらず目白押し。ここをクリックしてどんな本があるかチェックしよう。

photobook.jpg散歩と旅で写真がうまくなる本
上手い写真と味のある写真は違うと思うけど、やっぱり数を写すのが大事。
だけど理屈や理論を知っていれば上達も早いよね。




posted by rio at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 北中城村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
おきぐる1はこちらへ>>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。