2012年08月01日

ピンチの裏側

pinchi_no_uragawa00.jpgピンチの裏側 山本よしき詩集
山本よしき著
青志社
¥ 1,680
あきらめない気持ちの大切さ。
この本、ピンチの裏側は3年前の事故で入院している時にもらった本。
確か家族が持って来てくれたんだったと思う。

pinchi_no_uragawa01.jpg

退院してから家にある何冊もの本を処分したのだけど、
この本は座右の一冊。
今も時々取り出して眺めたりする。

pinchi_no_uragawa_all.jpg

ピンチの裏側に用意されてるチャンスを見つけよう。
そう、チャンスは必ずあるんだ。

リンク:詩人・山本よしきのピグマリオンの玉子

ピンチの裏側―山本よしき詩集
ケガや病院で入院している人
何かに打ち込んでいたり
悩んでいるひと
子どもや家族友人
そして愛する人へ
この本を贈ります。



NEX-7.jpg
XZ-1.jpg
カメラはオリンパス中心で最近までE-620や仕事ではE-5を使ったりしてる。旅行に行ったりする時は計量でコンパクトなOLYMPUS XZ-1 が重宝。でもこのところはSONYのNEX-7がお気に入りだ。このカメラ一眼だけどコンパクトで軽いし、XZ-1の外付けのビューファインダーじゃなくて内蔵されているのがいい。明るいところでも見やすいし、軽い。
SONY デジタル一眼 α NEX-7
OLYMPUS XZ-1




入院中もこのソフトを使っていたし、退院してからも時々使っている高次脳機能の回復プログラム。リハビリだけでなく、普段から使っておけばボケ防止や脳のトレーニングにも最適だとおもう。



ラベル:
posted by rio at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
おきぐる1はこちらへ>>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。